News

2017-05-19 18:26:00

 

 

 

 

1/f 2017 May vol.4

This special feature

 

 

 

 

 夢見がちで、儚くて、甘酸っぱい…

女の子の遊びはいつの時代も独特な世界

 

少女時代に遊んだ記憶には

キラキラしているものもあれば

憧れの気持ちが込められていたり

儚い思い出があったりと人それぞれ

 

周りのものから

魅力をたくさん見つけ出して

分かち合う少女の姿は

いつの時代も変わらないはず

 

今回はそんな

乙女たちのあそびの魅力を

改めて見つめてみました

 

 

contents

 

♦いにしえの姫方のあそび

 こゆるき会の一日

立春を過ぎ、春の息吹きが感じられ始めたある日。

東京・文京区の大名庭園にある建物の一室には

「こゆるき会」と書かれた立て札が。

着物姿の女性たちが、

いにしえの遊びに打ち興じている。

昔の姫君たちもこのようにして

遊びを楽しんだのだろうか、

と遥かに想いを巡らすように―。

時空を超えても、変わらないもの。心をときめかせるもの。

膝を寄せ合うその先の小宇宙を見つめた。

いにしえの姫方の遊び研究会

「こゆるき会」の典雅な一日。

 

かそけき音に耳を澄ませる「耳香(みみこう)」

石を放り上げて遊ぶお手玉の源流「石名取(いしなどり)」

蛤を用いて遊ぶ王朝の典雅な遊びの代名詞「貝合わせ(かいあわせ)」…ほか

 

 

 

♦読者投稿

少女時代の遊びはこれ。

エフイチの読者の皆さまから集めた

少女時代イチオシの遊びたちをまとめました。

交換ノート・着せ替え人形・一輪車・カード集め…

エフイチアンケート「私にとっての“オトメ”な一冊」とは

 

 

 

 

♦乙女のめくるめく絵手紙の世界

大正の抒情デザイナー

小林かいちが描いた乙女たち

 

大正から昭和にかけて沸き起こった

「絵手紙ブーム」の最中

若い少女たちにも「手紙」による

交流がさかんになっていた。

少女たちが好んだ「抒情表現」の作品が出回る中で

ひときわ異彩を放つ作品たち。

極彩色の背景しなやかな細身の女性のシルエット

十字架やトランプ、

キャンドルなどの異国モチーフを取り入れながら

祇園の舞妓が花街を散策する姿などテーマは多彩。

近年再注目が集まる京都生まれの謎のデザイナー

小林かいちの魅力に迫った。

 

 

 

・空想ふわふわ 文 鈴木容子

・Green Green Green Konamon Sweets

・ひとりたび 岡山県 高梁市 ほか

 

2017年5月28日 オンラインショップで先行販売開始