Latest Issue

 

1/f(エフブンノイチ)最新号を中味を、ちょこっとご紹介

 

 

03.jpg

 

 

夢見る手作りマガジン、6号目。

ソリチュード、アローン、ロンリネス…

色とりどりの「ひとり時間」見つめて。

 

1/f 2018 August vol.6 This special feature

 

「ひとりの時間」Solitude time

 

私たちは日々、人とのつながりの中で生かされています。

その一方で、日常的にひとりにさせられたり

時に自らそれを選ぶことがあります。

どのようなかたちであれ、人との間でしか生きられないからこそ

ひとりになるということには、見逃せない「何か」が

包み込まれているのではないか…

そんな予感を頼りに 今回はそのヒントになりそうな

人、場所、作品を訪ねてみました。

今日のひとりが豊かなものになることを願って。

 

p1_p137.jpg

 

 

contents -----------------------------------------------------------------------------

 

「地面の音を聴く人。」

鋳造作家・梶浦聖子さんの工房を訪ねて(埼玉県・鳩山町)

 

08_p14_p35_final2.jpg

 

08_p14_p35_final6.jpg

 

08_p14_p35_final10.jpg

インドネシア・ジョグジャカルタでの長年の

創作活動を経て、現在埼玉県・鳩山町に工房を

構える鋳造作家・梶浦聖子さんの作品「地面の音を聴く人」。

一枚の絵から見えてくる「ひとり」の豊かさや

ものづくりのスタイル、今までの歩みを春の工房で伺いました。(全22ページ)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

ひとり時間、その先にあるもの。」

 東京•井の頭、森と池のほとり。喫茶トムネコゴの昼下がり。(東京・吉祥寺)

 

p46_p634.jpg

 

お一人様や、静かな空間を求める人々が憩う

東京•吉祥寺、井の頭公園のほとりに佇む喫茶・トムネコゴへ。

店主の平良巨さんに「ひとり」に寄り添う空間づくりのきっかけや

ご自身の原体験の数々を尋ねながら

孤独のひとときによって得られるものについて

紐解いてただきました。(全18ページ)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

♦本の中にみる、ひとり時間を過ごす女性たち

 アン・ブロンテ『ワイルドフェル・ホールの住人』/林芙美子『放浪記』etc…

09_p40_p45_final2.jpg

 

女性作家が描いた作品の中に、

ひとり時間を過ごす女性たちを何人か見つけました。

積極的に、時には運命的に…。

彼女たちがひとりになる背景にあるものとは?

4作品のページをめくってみました。(全4ページ)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

♦EHUICHI QUESTIONNAIRE(読者アンケート記事)

 ①わたしにとっての「ひとり時間」

 ②ワタシのボクの好きな、ひとり時間の過ごし方

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

♦O・ヘンリの短編集にみる、ロンリネスな女たち

09_p40_p45_final6.jpg

人間生活の喜怒哀楽を描いて、短編小説の名手とうたわれた

アメリカの小説家O・ヘンリ(1862-1910)。

彼の作品の中でひと際ロンリネス(孤独)を漂わせる女たちがいました。

その中から2作品を紹介します。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

「今、新緑がきれいよ」「行きたいです」

 「じゃあ、いらっしゃい」の3拍子ではじまる

 あーちゃんとのいつものお茶会

p66_p753.jpg

87歳のおばあさん、田邊あさ子さんとの4回目のお茶会へ。

あさ子さんお姉さん、柴田ひろ子さんの2冊のエッセイ本

『れんげ畑』『50年目の手紙』から立ちのぼってくる

あさ子さんの幼い頃の記憶の数々。

母のこと、時代の移り変わりのこと、兄のこと、

これからのことに、想いを馳せたひととき。(全10ページ)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

♦「遠い日の島」八重山、ひとりたびの追懐。(石垣島)

♦ひとりたび 岐阜県 恵那市 岩村

♦妄想少女と神の化身⑥ and more…

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

[予約販売開始] http://londel.thebase.in/items/12842980

2018/08/21〜順次発送